本文へスキップ

新しい視点で調理を科学する 
The Japan Society of Cookery Science

スケジュールschedule

年間予定  2016年4月17日更新

日時 内容 場所
 平成28年6月5日
  (日曜日)
 平成28年度代議員総会
講演会(会員の皆様ご参加下さい)
 お茶の水女子大学理学部3号館
平成28年8月28日(日)、29日(月) 平成28年度大会 名古屋学芸大学
 平成27年8月24,25日  平成27年度大会  静岡県立大学
 平成27年6月7日  代議員総会 11時40分~12時40分
 講演会等 13時30分
 お茶の水女子大学 理学部3号館701室

平成28年6月5日(日)講演会のお知らせ

代議員総会に続いて講演会が行われます。
日時:2016年6月5日(日)14:15 ~17:00
場所:お茶の水女子大学 理学部3号館 701室
プログラム
1.講演会
14:15 ~15:30 「加熱調理研究の道程」 横浜国立大学名誉教授 渋川祥子先生
これまでの加熱調理に対する考え方や研究成果のご紹介とこれからの加熱調理に関する研究への期待をお話し頂けます。

2.「次世代に伝え継ぐ 日本の家庭料理」研究委員会及び編集委員会の勉強会
15:30 ~17:00 大会特別企画ポスター発表および本出版に向けての説明
対象:日本調理科学会会員に限らず公開
参加費:無料
問い合わせ先: (一社)日本調理科学会事務局 (aek00417@nifty.com)
2の勉強会については家庭料理研究委員会 (voice@jscs.ne.jp)

平成27年度大会は8月24日、25日静岡県立大学において開催されました。

研究発表要旨はJSTAGEにて公開しています。
訂正のお知らせ
JSTAGEで公開した平成25年度大会の研究発表要旨1A-a5の抄録とPDFファイルの内容が一致していません。
お詫びして訂正のファイルをここに掲載します。なおJSTAGEの抄録とPDFは同様の内容です。(2016年2月4日更新)
1A-a5 家族形態別にみた調理スタイルの違い 

平成28年度大会のお知らせ       2016年5月19日更新

一般社団法人日本調理科学会平成28年度大会を下記のとおり開催いたします。研究発表申し込み、その他詳細は追ってお知らせいたします。
研究発表の申し込みは5月19日15時で終了いたしました。
たくさんの申し込みありがとうございました。プログラムができるまでしばらくお待ちください。

日時: 平成28年8月28日(日曜日)、29日(月曜日)
場所: 名古屋学芸大学 (〒470-0196 愛知県日進市岩崎町竹ノ山57)
    名古屋市営地下鉄東山線「上社」駅または鶴舞線「赤池」駅より専用バスで15分

平成28年度大会のご案内と研究発表募集のお知らせ  2016年3月6日更新

一般社団法人日本調理科学会平成28年度大会を下記のとおり開催いたします。
「研究発表募集要項」にしたがってお申込みください。お申込みはインターネットによる各自登録とします。研究発表要旨は独立行政法人科学技術振興機構(JST)の公開J-STAGEに収録されます。
平成28年度大会の口頭発表はすべてOHC(書画カメラ)を用いて行います。PCによる発表は行いませんので,ご注意ください。

日程:8月28日(日)
       研究発表(口頭,ポスター), 公開シンポジウム「なごやめしとは」,
       事業報告会,学会賞授与式,学術講演会「地域創生を考える」,
       特別企画「次世代に伝え継ぐ 日本の家庭料理」「地域特産物のブランド化に向けて」
       NPOキャンパーによる災害時デモ調理
       懇親会 名古屋観光ホテル(名古屋市中区錦1-19-30)
   8月29日(月)
       研究発表(口頭,ポスター),家庭料理研究委員会主催勉強会
       講演会「さまざまな視点から調理科学を研究する」,
       特別企画「次世代に伝え継ぐ 日本の家庭料理」「地域特産物のブランド化に向けて」
       NPOキャンパー活動報告会

       展示:食品,機器,書籍などの展示企画

会費:参加費(研究発表要旨代金を含む)
       前納:正会員  6,000円 学生会員  2,000円
       当日:正会員  7,000円 学生会員  2,500円   非会員  7,500円 
       懇親会費(収容人数の都合上,当日参加は受け付けられないことがあります)
       前納:正会員 10,000円 学生会員  7,000円
       当日:正会員 11,000円 学生会員  8,000円   非会員 12,000円

   昼食:弁当代金1,000円(税込)
      弁当の購入は事前申込みが必要です。
      本大会ではランチョンセミナーを予定しておりません。
      大学周辺に飲食店はございます。
   託児所:託児料(対象:6ヶ月~就学前,それ以外は要相談)
    半日:3,000円  1日:6,000円
ご利用には別途申込みが必要です。希望する場合には必ず5月27日(金)までに大会事務局にE-mailでその旨をお知らせください。申込方法,注意事項等の詳細について,大会事務局から返信させていただきます。

大会参加申込

7月29日(金)までに,学会誌添付の振替払込書を参加者1名につき1枚使用して,ゆうちょ銀行より諸費用を払い込んでください。払い込み後の返金はいたしませんので,あらかじめご了承ください。振替払込受領証を大会当日受付にてお示しください。大会・懇親会参加証,弁当引換券をお渡しいたします。
振替口座記号番号:00890-0-136227
加入者名:日本調理科学会平成28年度大会実行委員会

大会事務局:〒470-0196 愛知県日進市岩崎町竹ノ山57
名古屋学芸大学管理栄養学部管理栄養学科
日本調理科学会平成28年度大会実行委員会
実行委員長 和泉 秀彦
TEL:0561-75-2194
FAX:0561-75-1849
E-mail:28chouri_ml@nuas.ac.jp

研究発表申込:5月3日(火)12:00~5月19日(木)15:00         

研究発表のお申込みはインターネットによる受付のみです。ここからお申込みください。「研究発表募集要項」にしたがってお申込みください。
研究発表募集要項    
〔口頭発表希望者へのお願い〕
OHCのみの発表となります。OHC(書画カメラ)は紙などに印刷した原稿(OHPシートは不可)をそのままカメラで撮影し,スクリーンに投影するものです。発表当日は投影したい原稿を印刷してお持ちください。原稿取り替えの補助者が必要な場合はご自身で確保してくださいますよう,お願いいたします。

研究発表募集要項

1.申込み期間:平成28年5月3日(火)12:00 ~5月19日(木)15:00
2.申込み方法:申込みはすべてインターネットによる登録です。一般社団法人日本調理科学会ホームページ(http://www.jscs.ne.jp/)から登録してください。
3.資格:登壇者(実際に発表する人)は申込みの時点で,学会正会員または学生会員であることが必要です。研究発表の登壇者は口頭発表,ポスター発表を通して1人1題に限ります。
4.プログラム編成:発表の採否,日程等は大会事務局にお任せください。プログラムは大会前に学会誌「日本調理科学会誌第49巻第4号」および学会ホームページに掲載の予定です。プログラム決定後,演題番号をE-mailでお知らせします。
5.発表形式:
①口頭発表,ポスター発表が可能です。・ご希望の形式を選択していただきますが,形式は大会事務局で最終決定いたします。
②口頭発表:1題につき発表時間12分,質疑応答3分の予定です。
〔発表時の注意〕
・遅くとも発表予定時間の20分前までに会場にお入りください。
・各発表会場入口付近で発表者の来場チェックを行いますので,ご来場の際にチェックを受けてください。
・登壇者およびOHC原稿取り替え補助者は,ご自身の発表の直前の発表が始まりましたら次演者席にお着きください。・発表の順番が来ましたら,速やかに始められるよう,ご準備ください。
・発表が終わりましたら,速やかに降壇してください。
ポスター発表:討論時間(コアタイム)を30分設定いたします。
・ポスターの掲示時間は,1日目100016002日目10001500を予定しています。掲示開始時間の10分前までに掲示を終えてください。
・登壇者は所定の討論時間に掲示場所で待機してください。
・ポスターの大きさ等は右の図を参考にしてください。
表題(演題名・所属・氏名)は縦20cm×60cm以内としてください。
ポスターの大きさは縦180cm×90cm以内としてください。ポスター番号は事務局で用意いたします。

〔OHC原稿作成上の注意〕

・OHC原稿はA4サイズ(29.5cm×21.0cm)の用紙を用い,できる限り横長でご使用ください。
・手書きは極力ご遠慮願います。
・写真用紙を使われる場合,マット紙(つやなし)を使用してください。
OHP透過フィルムは使用しないでください。
OHC原稿の枚数に制限はありませんが,発表時間内に終了できるように作成してください。
・ズーム機能は使用できません。

要旨原稿作成について

研究発表要旨作成要項
一般社団法人日本調理科学会のホームページ(http://www.jscs.ne.jp/)にアクセスして,研究発表申込み案内に従って登録してください。連絡者(登録演題に関して大会事務局と連絡を行う方)はE-mailアドレスを持っていることが必須条件となります。プログラム決定後の連絡はすべてE-mailで行います。
*  締切間際の登録は混雑が予想されます。トラブルの原因となりますので極力避けてください。
*  登録作業を行う前に,ここから,【研究発表要旨記入テンプレート(Microsoft Word文書ファイル)】をダウンロードし,要旨の作成を行ってください。
*  登録の際,作成した要旨のWord文書ファイルをアップロード(添付)してください。アップロードされたファイルは,そのまま要旨集の印刷用およびJ-STAGE公開用となりますので,演題名,氏名,所属などの入力ミスにご注意ください。

【研究発表要旨(Word文書ファイル)作成上の注意事項】

1)Microsoft Wordは,トラブルを避けるため,Microsoft Word 2007以上のバージョン(拡張子が.docx)をご使用ください。
2)研究発表要旨記入テンプレートの字間や行間の設定は変更せずに,そのままお使いください。
3)演題,発表者(登壇者には○),所属,本文は設定にしたがって作成してください。なお,登壇者は実際に発表を行う方を指します(研究発表募集要項3.資格参照)。
・演題名・発表者・所属は左から25mmあけてください(テンプレートにはインデントが入っています)。
・文字設定は下のように設定してください。
 演題:MSゴシック11ポイント
  発表者,所属,本文:MSゴシック9ポイント
・本文は【目的】【方法】【結果】の見出しをつけ,720字以内で記入してください。
太字,イタリック,上付き,下付き,ギリシャ文字は通常通り使用できます(タグは必要ありません)。
・所属機関名は略称で記入してください。 

 略 称  正式名称  略 称  正式名称
 名古屋学芸大・院  名古屋学芸大学大学院  県立日進高  愛知県立日進高等学校
 名古屋学芸大  名古屋学芸大学管理栄養学部  ○○()  ○○()□□研究所
 名古屋女子短大  名古屋女子大学短期大学部  (株)△△  株式会社△△研究開発部

・図表を挿入することはできません。
・JIS第1,第2水準で規定されている文字以外は原則として使用できません(人名も含む)。特に後述の機種依存文字の使用は絶対に避けてください。コンピュータの機種によっては全く互換性がなく,他の機種では正常に表示されません。データ共有の面で重大な支障を生じます。
代表的な機種依存文字例(全て全角文字)
囲み文字:①,②,③,④,⑤…
ローマ数字:Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ,Ⅳ,Ⅴ…
単位記号:㎜,㎝,㎞,㎎,㎏,㏄,㎡…
省略記号:㈹,㍾,㍽,㍼…

4)枠内(高さ77mm×幅176mm)に収まるように作成してください。指定の枠を超えた場合は,編集作業で削除されることがありますので,ご注意ください。
5)要旨作成後,アップロードするファイル名は「登壇者名」とし,Word形式(.docxの拡張子)で保存してください。
6)研究発表要旨作成に関する問い合わせ先 Email: meeting@jscs.ne.jp

【インターネット演題登録手順

「研究発表申込み」をクリックしてください。研究発表登録画面の順番と入力内容を以下に示します。

研究発表申し込み5月3日~5月19日

1)入力チェックについて
必要事項の記入漏れ等は入力時にチェックされ,必要条件を満たさない場合にはエラーメッセージを出力して,訂正を求めます。入力内容を確認し,登録ボタンをクリックすると登録は完了します。

2)パスワードと受付番号について
登録時にパスワードを設定していただきます。また,登録が完了すると画面上に受付番号が発行されます。パスワードと受付番号は,登録内容の確認や修正に必要ですので,必ず控えておいてください。登録者設定のパスワードを忘れても再通知は行いませんのでご注意ください。万が一,忘れた場合には登録確認画面より再度設定してください。

3)登録確認と訂正について
登録期間中はいつでも受付番号,登録者設定のパスワードで登録確認と訂正ができます。

 1. 新規登録か内容確認の選択  新規に登録する場合は,新規登録はこちらからを選択する。すでに登録し内容を確認する場合は,マイページに受付番号とパスワードを入力しログインする。
 

2. 演題・研究発表要旨・発表者情報入力

 発表分類を選択   1. 穀類・でんぷん 2. 肉・魚介類・卵・豆類 3. 野菜・果物                     4. だし・調味料 5.調理方法 6. 食文化・食生活・食育 7.その他 発表形式を選択  1. 口頭 2.ポスター 3.どちらでもよい
ポスター会場の都合上,可能な限り口頭発表をご検討ください。
★平成28年度大会の口頭発表は,OHCを用いて行います。
演題を日本語と英語で入力
英文の演題は下の例ように,最初の単語の頭文字のみ大文字にしてください(半角英数)。(例)Diagnostic problem solving by computer
研究発表要旨を日本語で入力(全角720 字以内)
作成した研究発表要旨のアップロード用のWord文書ファイル(研究発表要旨作成要項参照)から,本文をコピー&ペーストで入力するか,【目的】【方法】【結果】に分けて,ファイルと同じ文章を入力してください。その際,文字種や文字修飾にご注意ください。図表を挿入することはできません。
★文字修飾について
文字種は太字,イタリック,アンダーライン,上付き,下付きが使用できます。全て本文中で施してください。ホームページの登録画面に太字,イタリック,アンダーライン,上付き,下付き(B I U X2 X2)の機能がありますので使用してください。改行もEnterキーでできます。タグは必要ありません。
★この要旨は,J-STAGE (http://www/jstage.jst.go.jp/browse/ajscs/-char/ja)で公開 されます。情報は日本語と英語の両方で公開されますので,英文の要旨も入力されることをお勧めします。

Word文書ファイル(研究発表要旨)のアップロード(添付)
参照から自分のパソコンに保存しているファイルを指定してください。
★専用のテンプレートがありますので,学会ホームページからダウンロードしてお使いください(研究発表要旨作成要項参照)
★要旨記載事項と,登録システムで入力する発表者登録内容が異ならないよう確認してください。

所属機関の件数を数字で入力
所属機関の無い方は「その他」とし(後述参照),「その他」も1件と数えます。
所属機関を日本語と英語で入力
所属(日本語)は略称を用いてください。
所属(英語)は下記のようにすべての単語の頭文字のみを大文字にしてください。
(例)Nagoya University
所属機関のない方は「その他」と入力してください。
発表者の人数を数字で入力
氏名を日本語(外国人の場合カタカナ),ふりがな,英語で入力
英語表記は,頭文字のみを大文字にしてください。
(例)Tokai Hanako

発表者の所属機関をチェック
所属機関情報欄で入力した件数分のチェックボックスが表示されます。該当する所属機関番号(所属機関入力時に記載されていた#の右横の数字)左側のボックスにチェックしてください。
会員区分を選択 1.正会員 2.学生会員 3.非会員
備考欄の入力 
連番での発表を希望される場合は備考欄に記入してください。
登壇者を選択 
該当する発表者番号の左側の枠にチェックしてください。
★登壇者とは実際に発表を行う方を指します。
★登壇者は正会員または学生会員に限られます。
キーワードの件数を数字で入力(3~8個)
キーワードを日本語と英語で入力
連絡者情報の入力
氏名(日本語とふりがな),所属(日本語)(所属機関のない方は「その他」と入力),郵便番号,住所,電話番号,FAX番号,E-mailアドレスを入力してください。
★連絡者は登録演題に関して大会事務局との連絡を実際に行う方を指します。
パスワードを設定してください。
★登録者設定のパスワードを忘れても再通知は行いませんのでご注意ください。万一,忘れた場合には登録確認画面より再度設定してください。

次へをクリック
 3. 登録内容確認

 表示された画面を見て, 正しく入力されているか確認してください。
特に日本語の研究発表要旨は文字化けが生じていないか, 改行が適切に行われているか等を確認してください。
修正箇所があれば,戻るをクリックして戻り,前の画面で修正してください。
内容が正しければ登録をクリックしてください。
 4.登録完了  受付番号が示されたら,登録が完了します。印刷画面で印刷ができます。
★登録期間中の登録内容の修正・印刷・確認,パスワードの変更,演題取り下げをするにはマイページ画面にログインしてください。その際,受付番号とパスワードが必要になります。必ず控えておいてください。
ログアウトして終了してください。
 5.登録通知  登録の際に入力されたE-mailアドレス宛に演題受理後,登録通知が自動送信されます。E-mailアドレスを誤って入力すると登録者へ登録通知が送信されません。受付番号,登録者設定のパスワードを入力してログインし,登録内容を確認してください。

これまでの年次大

 開催年  場所  担当支部   備考(会長名)
平成27  静岡県立大学  関東支部  (大越ひろ)
 平成26  県立広島大学  中国・四国支部   (大越ひろ)
 平成25  奈良女子大学   近畿支部   (大越ひろ)
 平成24  秋田大学  東北・北海道支部  一般社団法人 
(大越ひろ)
平成23 高崎健康福祉大学 関東支部  (的場輝佳)
平成22 中村学園大学 九州支部 (的場輝佳) 
平成21 同志社女子大学 近畿支部  (的場輝佳)
平成20 椙山女学園大学 東海・北陸支部  (的場輝佳)
平成19(40周年記念) お茶の水女子大学 関東支部  (畑江敬子)
平成18 岡山県立大学 中国・四国支部  (畑江敬子)
平成17 新潟コンベンションセンター 関東支部  (畑江敬子)
平成16 北海道浅井学園大学 東北・北海道支部  (畑江敬子)
平成15 関東学院大学 関東支部   (和田淑子)
平成14 大阪市立大学 近畿支部  (和田淑子)
 平成13  大妻女子大学  関東支部   (下村道子)
 平成12  JA鹿児島県会館  九州支部   (下村道子)
 平成11  東京家政大学  関東支部   (下村道子)
 平成10  椙山女学園大学  東海・北陸支部  (下村道子)
 平成9(30周年記念)  お茶の水女子大学  関東支部  (島田淳子)
 平成8  共立女子大学  関東支部  (島田淳子)
 平成7  広島国際会議場  中国・四国支部  (中浜信子)
 平成6  昭和女子大学  関東支部  (中浜信子)
 平成5  武庫川女子大学  近畿支部  (吉松藤子)
 平成4  日本女子大学  関東支部  (吉松藤子)
 平成3  尚絅女学院短期大学  東北・北海道支部  (吉松藤子)
 平成2  香蘭女子短期大学  九州支部  (吉松藤子)
 平成元  大妻女子大学  関東支部  (吉松藤子)
 昭和63  椙山女学園大学  東海・北陸支部  (吉松藤子)
 昭和62  東京農業大学  関東支部  (松元文子)
 昭和61  奈良女子大学  近畿支部  (松元文子)
 昭和60  お茶の水女子大学  関東支部  日本調理科学会
(松元文子)
 昭和59  薬学会館  関東支部  (松元文子)
 昭和58  大阪ガーデンパレス  近畿支部  (松元文子)
 昭和57  神戸市勤労会館  近畿支部  (松元文子)
 昭和56  全林野会館  関東支部  (松元文子)
 昭和55  全林野会館  関東支部  (松元文子)
 昭和54  愛知会館  東海・北陸支部  (松元文子)
 昭和53 全林野会館  関東支部   (松元文子)
 昭和52 全林野会館  関東支部   (松元文子)
 昭和51  京都会館 近畿支部   (松元文子)
 昭和50 女子栄養大学  関東支部   (松元文子)
 昭和49  跡見学園短期大学  関東支部  (松元文子)
 昭和48 桜の聖母短期大学  東北・北海道支部   (松元文子)
 昭和47  安田生命ホール  関東支部  (松元文子)
 昭和46  野口英世記念館 関東支部   (松元文子)
 昭和45   同志社女子大学  近畿支部  (松元文子)
 昭和44  安田生命ホール   関東支部  (松元文子)
 昭和43   安田生命ホール  関東支部  調理科学研究会
(松元文子)

一般社団法人日本調理科学会

〒112-0012
東京都文京区大塚3-36-5
長島ビル3F

TEL&Fax 03-6657-3166

copyright©2012 The Japan Society of Cookery Science all rights reserved